実店舗2カ月のデントリペアテクニカルスクール & 3日間集中講習で圧倒的なスキルが身につくウインドリペア講習、自宅にいながら学べるPDRAデントリペア通信講座

継続する力

もう3月ですね。
1年の1/4が終了です。

うかうかしていると今年もすぐ終わり
何かに挑戦するならすぐした方が良い
だって、今が自分の人生の中で一番若いのですから。

本日は、脳を騙して継続する方法
という、面白い話をさせて頂きます。

デントリペアに限らず
何か物事を習得するために必須な事
必ず「継続=グリット」この壁が待ち受けています。

始めたは良いが
長続きしない・・・。

なかなか思うように先に進まない・・・。
そんな経験ありませんか?

私の秘策?を今日は皆様に
聞いて頂こうかと思います。

私の秘策とか言ってますが
実は歴史に残る重要文化財を制作する過程で
使われた手法です。

それでは、本題に入りますね。

人は、何らかの感情があれば
それに勝手に理由を付けようとします。

これは人の脳の構造上の問題です。

例えば、「今の会社が嫌だ」って感情があって
会社を辞めたいと漠然と思っていたとします。

その時、私たちの脳は
その行為に対して勝手に都合の良いように
理由付けをします。

嫌な所ばかりを並べて
「〜だからやめたんです。」と・・・。

そんな脳の構造、脳を騙して
うまく継続=グリットさせる方法

これが、これからご紹介する
「ゲッシュタルトの穴」です。

実際に私がデントリペアの実店舗スクールで
実践している方法です。

まず、何か物事を習得したいと思った時
あまりきちんとイチから全部やり過ぎると・・・。
たいてい挫折します。

日本人はクソ真面目なので、大抵このパターンです。
英会話がいい例です。

脳の構造を上手く利用して、
継続のモチベーションを高めていくのが、
このやり方なのです。

先に、歴史に残る重要文化財の制作過程で
用いられた方法と言いました。

実はこれ、今話題になっている
万里の長城を制作する過程で用いられた方法です。

万里の長城は8000Kmとか
公式で認められている長さ約21,196Kmと言われています。
これはとんでもない長さです。

制作するにあたって、どうやって継続
モチベーションを維持していたのでしょうか?

当然、イチから順に作っていくと途中で心が折れます。
あの長い長い道のりを作っても作っても
永遠に終わりが見えないからです。

そこで、チームに分かれて飛ばし飛ばしで満遍なく作って、
その後で間を埋めていく、という手法をとったのです。

飛ばし飛ばしの全体像を見て
脳がどんな反応をしたのか?

「はやく中を埋めたい!!」

という反応になったのです。

全体像、終わりを脳に見せる
これがモチベーションが高まる方法なのです。

例えば

PDRAの通信講座は6ヶ月間24講あります。
もちろん、継続しなくては習得できません。

毎週1講配信された課題を
100%完璧にものにしなくて良いのです。

その講の理論を理解した上で
70%〜できていれば次に進んでOKです。

逆にゲッシュタルトの穴で言えば
次の講に行った方が良いのです。

例えば・・・。
第8講に出てくるシャープデント

これを完璧になるまでやっていたら
講はどんどん先に進み
いつまでたっても8講シャープは終わらず時は流れ・・・。

プレッシャーに押しつぶされそうになり
自分には向いていないんじゃないか?
なんて自暴自棄になりモチベーション低下

そして、断念となってしまう訳です。

大事なことなので、もう一度言いますが

・その講の理論を理解する
・完璧を求めず70%〜の仕上がりで良しとする

講が進み、終わりが見えてきた時
自分の弱点、穴を埋めようと
自然に思うはずです。

70%の出来が限界であった自分に
磨きをかけ精度を後から上げ完成させれば良いのです。
脳はワクワクしていますのでこれが可能になるのです。

PDRA通信講座は
一応、区切りとして半年とさせて頂いていますが

今受講されている方も半年以上
もう数年継続してやって下さっています。

PDRA通信講座を進めるに当たって
義務・プレッシャーになって欲しくないと思っています。

楽しみながら
技術習得することこそ
本当に大事なことなのではないでしょうか?

このように、「ゲシュタルトの穴」という考え方は
学習でも、ビジネスでも、コミュニケーションでも、
色んなシーンで使えるので、覚えておくと便利です。

スポンサードリンク

独立開業の最新記事8件

>驚異的な成功率を誇るデントリペアスクール

驚異的な成功率を誇るデントリペアスクール

受講期間が2ヶ月を要する意味、同時受講最大2名と少数の意味、開業地域制限1名の意味、受講中又はルーキーの顔写真をブログやSNSに掲載しない意味、ホームページを自分自身で制作出来る様にする意味、集客に拘る意味・・・その意図をよく考えて頂けたなら理解して頂けるはずです。
私は、あなたが独立した後の事を真剣に考えています。

デントリペアの事、業界の事、独立の事など・・・
無料メールマガジンを発信しています。 ご登録は実名でお願いいたします

CTR IMG