実店舗2カ月のデントリペアテクニカルスクール & 3日間集中講習で圧倒的なスキルが身につくウインドリペア講習、自宅にいながら学べるPDRAデントリペア通信講座

器用と自負している強者共

デントリペアをマスターした技術者の施工を見ると・・・
とても簡単に見えます。

ここに大きな落とし穴があります。
そもそもよく考えていただきたい。

なぜ?デントリペアスクールで2ヶ月間のトレーニングが必要なのか?
なぜ?通信講座で最低半年のトレーニングが必要なのか?

一言で言ってしまうと「難しい」からなんです。

デントリペアスクールでも、通信講座でも
器用と自負している強者どもが集まってきます。

その強者どもでも、マスターする過程で地獄を見る

難儀するのがデントリペアです。

そんなデントリペアですから、技術者はあまり増える事なく
それが、参入障壁となり、価格破壊が起こらないと思っています。

マスターしてしまった人から見れば、してやったり

来る日も来る日も繰り返し練習・・・
継続=グリットができなければマスターはできません。

言い換えれば、グリットができるならば、誰でもマスターできるのがデントリペアです。

スポンサードリンク

デントリペアの最新記事8件

>驚異的な成功率を誇るデントリペアスクール

驚異的な成功率を誇るデントリペアスクール

受講期間が2ヶ月を要する意味、同時受講最大2名と少数の意味、開業地域制限1名の意味、受講中又はルーキーの顔写真をブログやSNSに掲載しない意味、ホームページを自分自身で制作出来る様にする意味、集客に拘る意味・・・その意図をよく考えて頂けたなら理解して頂けるはずです。
私は、あなたが独立した後の事を真剣に考えています。

デントリペアの事、業界の事、独立の事など・・・
無料メールマガジンを発信しています。 ご登録は実名でお願いいたします

CTR IMG